固定資産税対策で税金価格を減らすことができる

6月 18th, 2013 @ admin

新築一戸建てを購入して新しい生活を始めるとなると安心感が生まれるかもしれません。でも新築一戸建ての購入によって新たに必要となる税金の存在を忘れてはいけません。新築一戸建てを購入すればその分固定資産税を支払い続けないといけなくなります。毎年払い続けるということで結構な負担になることがあり、固定資産税の支払が嫌だからという理由で新築一戸建てを購入しないといった人もいるくらいです。

固定資産税に関してはいくつかの対策方法があり、それによって税金の額を減らすということも可能です。たとえば特例を利用した減税方法があります。建物の特例を利用すると土地にかかる固定資産税を減らすことができて、毎年の負担を減らすということができます。また土地の評価額を下げるという方法もあり、そういった対策をいくつも重ねて固定資産税を減らしていくことは違法ではありませんので対策を練ってみてください。

固定資産税なんてそんなに簡単に変化することがないと思っているかもしれませんが、家の隣を新しく道路が走るようになる場合には固定資産税が変化する可能性があります。環境が変化すれば土地の評価額も変わるわけで、そのときには固定資産税対策が威力を発揮してくれますよ。

Posted in 法律全般


Leave a Reply